副業・兼業のメリットデメリット

query_builder 2021/10/28
ブログ
スクリーンショット 2021-10-28 18.11.59

働き方が変化する中に副業・兼業があります。


厚生労働省より

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」 が令和2年9月に改正されました。


副業・兼業をする理由はさまざまで


①収入を増やしたい


②一つの仕事だけでは生活が厳しい


③他業種の人との交流がしたい

などなどあります。


そして副業・兼業のメリットですが、

① 離職せず別の仕事に就くことができ、自主的にキャリアアップできる 


②本業の所得を活かして、よりリスクの小さい形でやりたいことに挑戦できる 

将来の起業・転職の準備ができる


③所得が増加する


デメリットとしては、

①働く時間が長くなるため、自身による就業時間や健康の管理もある程度必要。


②会社によっては職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務を意識することが必要


③1週間の所定労働時間が短い業務を複数行う場合に、雇用保険等適用がない場合があることに留意が必要。


最近は、大手企業でも副業を認める会社があります。


実際のところ、かなり自己管理が必要かと思います。。

社会保険・雇用保険・労災に加入できるかどうかの問題もあります。


副業で労災にあたるようなけがなどしたらどうなるのか?

といったところも別の機会にお話したいと思います。

記事検索

NEW

  • はじめての雇用で、就業規則は必要か

    query_builder 2024/06/19
  • はじめての雇用

    query_builder 2024/06/09
  • 6月からの「労働保険年度更新」はお早めに!

    query_builder 2024/05/18
  • これからの訪問介護 外国人がカギ

    query_builder 2023/09/29
  • 社会保険労務士の必要性

    query_builder 2023/09/08

CATEGORY

ARCHIVE